「なぜふつう食べられないのか」磯野真穂著

公開日: 更新日:

「食べる」と「やせる」という、相反する課題を同時に求められる世の中で、幸せを求め、拒食症や過食症などの摂食障害に陥った女性たちの姿を通し、人が食べて生きることの根源的な意味を問うた論考。中学生でダイエットに目覚め、やがて過食と嘔吐を繰り返すようになり、大学で精神科に通い始めるがそれでもやめることができない女性など、6人のライフヒストリーを紹介しながら、やせることが現代社会においてどのような意味を持つのかを探る。

 一方で、医療モデルの検証、さらに過食によって得られる爽快感などにも言及しながら、なぜ彼女たちはふつうに食べられなくなったのかを考える。(春秋社 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る