「なぜふつう食べられないのか」磯野真穂著

公開日: 更新日:

「食べる」と「やせる」という、相反する課題を同時に求められる世の中で、幸せを求め、拒食症や過食症などの摂食障害に陥った女性たちの姿を通し、人が食べて生きることの根源的な意味を問うた論考。中学生でダイエットに目覚め、やがて過食と嘔吐を繰り返すようになり、大学で精神科に通い始めるがそれでもやめることができない女性など、6人のライフヒストリーを紹介しながら、やせることが現代社会においてどのような意味を持つのかを探る。

 一方で、医療モデルの検証、さらに過食によって得られる爽快感などにも言及しながら、なぜ彼女たちはふつうに食べられなくなったのかを考える。(春秋社 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  9. 9

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

  10. 10

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

もっと見る

人気キーワード