• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

書物のアリ地獄に落ちよう編

「本で床は抜けるのか」西牟田靖著

 活字離れといわれながら、本から離れられない人はやっぱりいる。ここは思い切って本が作るアリ地獄に落ちてみよう。そこには思いがけない世界に誘うけもの道や、迷路が待っているのだ。

 絶え間なく肥大し続ける蔵書というアリ地獄から脱出するまでの顛末をつづったのが、西牟田靖著「本で床は抜けるのか」(本の雑誌社 1600円+税)だ。

 著者は2DKに妻子と住み、木造アパートの2階の4畳半を借りて書斎にしている。壁際三辺に本棚と机を置き、畳の上は厚さ30センチの本の束を敷き詰めているので、立っている自分の足元さえ見えない。

 床が抜けるのではないかという恐れを感じた著者は、その手の事例を探してみる。新聞・雑誌の重みで床が抜けて住人もろとも1階に落下した事故があった。アパートを崩壊させて弁済金を要求された人もいる。心配になって1級建築士に教えを請い、床の強度を計算したら、本棚の接地面の積載荷重の6倍以上の重さがかかることに気づいた。あわてて床を補強し、本438冊を自宅に緊急避難させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る