• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「プレシャスブルー」NHK取材班

 フリーダイバーの二木あいさんと海の主・マッコウクジラの「出会い」と「交流」を追ったフォト・ドキュメント。

 これまで、フリーダイビング(素潜り)ならではの近さで魚やアシカ、カメなど海に生きる生き物たちと交流し、自ら撮影してきた二木さんは、「水中表現家」と名乗り、「私たちと母なる自然はつながっている」というメッセージを伝えてきた。そんな彼女がテレビの取材班と共に、カリブ海でマッコウクジラの撮影に挑んだ2週間の旅に密着する。

 場所はマッコウクジラが子育てをしているというカリブ海に浮かぶ島国・ドミニカ国(ドミニカ共和国とは別の国)。世界中に張り巡らされた二木さんのダイバー仲間のネットワークからこの島にはマッコウクジラと友だちになった男がいるとの情報を得て選ばれた。

 25年前からこの島でホエールウオッチングを手掛け、マッコウクジラの習性や個性を知り尽くしているその人・アンドリューさんの案内でさっそく海へ。すると撮影初日から、まるで彼女を歓迎するかのように次々とマッコウクジラが現れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る