「プレシャスブルー」NHK取材班

公開日:  更新日:

 フリーダイバーの二木あいさんと海の主・マッコウクジラの「出会い」と「交流」を追ったフォト・ドキュメント。

 これまで、フリーダイビング(素潜り)ならではの近さで魚やアシカ、カメなど海に生きる生き物たちと交流し、自ら撮影してきた二木さんは、「水中表現家」と名乗り、「私たちと母なる自然はつながっている」というメッセージを伝えてきた。そんな彼女がテレビの取材班と共に、カリブ海でマッコウクジラの撮影に挑んだ2週間の旅に密着する。

 場所はマッコウクジラが子育てをしているというカリブ海に浮かぶ島国・ドミニカ国(ドミニカ共和国とは別の国)。世界中に張り巡らされた二木さんのダイバー仲間のネットワークからこの島にはマッコウクジラと友だちになった男がいるとの情報を得て選ばれた。

 25年前からこの島でホエールウオッチングを手掛け、マッコウクジラの習性や個性を知り尽くしているその人・アンドリューさんの案内でさっそく海へ。すると撮影初日から、まるで彼女を歓迎するかのように次々とマッコウクジラが現れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る