300人分の「扮装」が生み出すフシギ

公開日:  更新日:

「FACIAL SIGNATURE」澤田知子著

 シュリンクをはぎ取り、小口に親指を当てながら本全体をたわませると「バリバリッ」。ものすごい音に驚く。

 写真家本人が「東アジアの女性」に扮して撮ったセルフ・ポートレート集。A5変型、ソフトカバー。「化粧と髪形違い」を1ページに1点ずつ収録。漆黒を背景に浮かび上がる顔、顔、顔。ひたすら300枚。顔のサイズと目の高さが揃うようトリミングしてあるせいか、1枚ごとの「違い」だけに意識が吸い寄せられてゆく、不思議な感覚。

 写真1点だけでは意味をなさない。300ページの「連続体」にして初めて「作品」が成立する。制作過程から最終的な表現形態まで、極めて計画的に仕組まれたコンセプチュアルな作品だ。

 ところで、カメラ・オブスクラ(暗い部屋)とは、スケッチを描くために使われた、往年の光学装置だ。現在のカメラの語源でもある。一方、今日、光を遮断することで得られる人工的な「暗い空間」はと思いを巡らせると、「スタジオ」に行き着く。本書のカバー・帯・本文に至るまで「黒」尽くしなのは、撮影に使われた暗い空間=スタジオの「見立て」なのではないかと想像してみる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る