• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

300人分の「扮装」が生み出すフシギ

「FACIAL SIGNATURE」澤田知子著

 シュリンクをはぎ取り、小口に親指を当てながら本全体をたわませると「バリバリッ」。ものすごい音に驚く。

 写真家本人が「東アジアの女性」に扮して撮ったセルフ・ポートレート集。A5変型、ソフトカバー。「化粧と髪形違い」を1ページに1点ずつ収録。漆黒を背景に浮かび上がる顔、顔、顔。ひたすら300枚。顔のサイズと目の高さが揃うようトリミングしてあるせいか、1枚ごとの「違い」だけに意識が吸い寄せられてゆく、不思議な感覚。

 写真1点だけでは意味をなさない。300ページの「連続体」にして初めて「作品」が成立する。制作過程から最終的な表現形態まで、極めて計画的に仕組まれたコンセプチュアルな作品だ。

 ところで、カメラ・オブスクラ(暗い部屋)とは、スケッチを描くために使われた、往年の光学装置だ。現在のカメラの語源でもある。一方、今日、光を遮断することで得られる人工的な「暗い空間」はと思いを巡らせると、「スタジオ」に行き着く。本書のカバー・帯・本文に至るまで「黒」尽くしなのは、撮影に使われた暗い空間=スタジオの「見立て」なのではないかと想像してみる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る