300人分の「扮装」が生み出すフシギ

公開日:  更新日:

「FACIAL SIGNATURE」澤田知子著

 シュリンクをはぎ取り、小口に親指を当てながら本全体をたわませると「バリバリッ」。ものすごい音に驚く。

 写真家本人が「東アジアの女性」に扮して撮ったセルフ・ポートレート集。A5変型、ソフトカバー。「化粧と髪形違い」を1ページに1点ずつ収録。漆黒を背景に浮かび上がる顔、顔、顔。ひたすら300枚。顔のサイズと目の高さが揃うようトリミングしてあるせいか、1枚ごとの「違い」だけに意識が吸い寄せられてゆく、不思議な感覚。

 写真1点だけでは意味をなさない。300ページの「連続体」にして初めて「作品」が成立する。制作過程から最終的な表現形態まで、極めて計画的に仕組まれたコンセプチュアルな作品だ。

 ところで、カメラ・オブスクラ(暗い部屋)とは、スケッチを描くために使われた、往年の光学装置だ。現在のカメラの語源でもある。一方、今日、光を遮断することで得られる人工的な「暗い空間」はと思いを巡らせると、「スタジオ」に行き着く。本書のカバー・帯・本文に至るまで「黒」尽くしなのは、撮影に使われた暗い空間=スタジオの「見立て」なのではないかと想像してみる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る