「潮の音、空の青、海の詩」熊谷達也著

公開日: 更新日:

 仙台で予備校の講師をしていた川島聡太は、実家のある仙河海市が津波に襲われたことを知った。両親は行方不明で死体も見つからなかった。

 2060年、仙河海市は巨大な防潮堤で海と隔てられていた。防潮堤の階段の上り口は鉄のゲートでふさがれて許可を受けた者しか上れず、9歳の呼人は3年生になるまで海を見たことがなかった。ある日、呼人は防潮堤の上で絵を描いている男と出会う。

 それは年老いた聡太だった。聡太は呼人を自宅に連れていって、パソコンでかつての遠洋マグロ船の出航風景を見せた。彼は呼人にある夢を託そうとしていたのだ。

 3部構成で紡ぎだす、東日本大震災後の物語。(NHK出版 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る