「潮の音、空の青、海の詩」熊谷達也著

公開日:  更新日:

 仙台で予備校の講師をしていた川島聡太は、実家のある仙河海市が津波に襲われたことを知った。両親は行方不明で死体も見つからなかった。

 2060年、仙河海市は巨大な防潮堤で海と隔てられていた。防潮堤の階段の上り口は鉄のゲートでふさがれて許可を受けた者しか上れず、9歳の呼人は3年生になるまで海を見たことがなかった。ある日、呼人は防潮堤の上で絵を描いている男と出会う。

 それは年老いた聡太だった。聡太は呼人を自宅に連れていって、パソコンでかつての遠洋マグロ船の出航風景を見せた。彼は呼人にある夢を託そうとしていたのだ。

 3部構成で紡ぎだす、東日本大震災後の物語。(NHK出版 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る