「潮の音、空の青、海の詩」熊谷達也著

公開日: 更新日:

 仙台で予備校の講師をしていた川島聡太は、実家のある仙河海市が津波に襲われたことを知った。両親は行方不明で死体も見つからなかった。

 2060年、仙河海市は巨大な防潮堤で海と隔てられていた。防潮堤の階段の上り口は鉄のゲートでふさがれて許可を受けた者しか上れず、9歳の呼人は3年生になるまで海を見たことがなかった。ある日、呼人は防潮堤の上で絵を描いている男と出会う。

 それは年老いた聡太だった。聡太は呼人を自宅に連れていって、パソコンでかつての遠洋マグロ船の出航風景を見せた。彼は呼人にある夢を託そうとしていたのだ。

 3部構成で紡ぎだす、東日本大震災後の物語。(NHK出版 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  3. 3

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  4. 4

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  5. 5

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  6. 6

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  7. 7

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  8. 8

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る