• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「座禅ガール」田口ランディ著

■「女と坐禅」がテーマ最新長編小説

 東日本大震災からちょうど1年後。知人の僧侶の寺でささやかな慰霊祭を催した作家、よう子は、会場ではかなげな美人に出会う。美しい顔は死人のように生気がなく、美貌と猫背の体がひどく不釣り合い。小動物のように怯えている。何かわけがありそうだ。

 田口ランディの最新長編小説のテーマは「女と坐禅」。

 よう子は得体の知れない美人を自宅に連れ帰り、面倒を見るはめになる。だが、りん子と名乗る女は、心を閉ざしたまま。よう子は、そんなりん子を坐禅に誘う。アメリカから女性の禅マスターを招いて、坐禅会を開くことになっていたからだ。

 40代のよう子と30代のりん子。2人の独白が交互に繰り返されて物語は進行し、それぞれに懊悩(おうのう)していることが分かってくる。失恋、コンプレックス、愛する人の死、家族との確執、破れない自分の殻……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る