「〈自分らしさ〉って何だろう? 自分と向き合う心理学」榎本博明著

公開日:  更新日:

「自分らしさとは何か」という誰もが悩む問いに、心理学的知見を交えながらヒントを示す若者向けテキスト。

 思春期、心の発達とともに、「自分の納得いくように生きたい。でもそれがどんな生き方なのか分からない」という思いに引き裂かれ、そこから自分らしさとは何かという自己の探求が始まるのだという。しかし、多くの場合はその探求はすぐに行き詰まってしまう。そこで著者は、自己を実体視するのをやめ、「自分とはひとつの生き方である」とみなすよう提案。自分とは何かという問いは、「自分はどんな生き方をしているのか」を振り返り、この先、どんな人生になりそうか、どんな人生にしたいのかと具体的に考えることを勧める。(筑摩書房 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る