「フリーランスで生きるということ」川井龍介著

公開日: 更新日:

 若者向けに働き方の選択肢のひとつとしての「フリーランス」の実際を解説する生き方テキスト。フリーランス(free - lance)のもともとの意味は傭兵。現代では主に「自由契約で仕事をする(人)」という意味で使われるが、明確に定義することは難しい。はっきりしているのはフリーランスとは、仕事の内容ではなく、「働き方」を意味する概念だということ。企業や公共機関、団体などの組織に雇われる働き方=「就職」に対し、雇われない働き方がフリーランスである。フリーランスで働くさまざまな職種の人たちの具体的な働き方を取材。自由な半面、不安や孤独と覚悟が必要なフリーランスという働き方を志す人への道しるべとなる一冊。(筑摩書房 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る