• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「損したくないニッポン人」髙橋秀実著

 強迫観念に支配されているかのように「損したくない」と躍起になる自分や周囲の人々の姿を活写しながら、日本の「今」を描き出す面白ノンフィクション。

 スーパーの駐車場に車を止めれば、駐車料金を無料にするために余計なものを買ってしまい、棚の商品を眺めているうちによその店の値段が気になってくる。かといって最安値の商品には不安を感じて手が出せない。さらに、店独自のオリジナルクーポンなど日常の買い物に張り巡らされた「損するワナ」に頭を悩ます。その他、ポイントの呪縛、不動産、家電、さらには結婚や宗教まで。蔓延する「損したくない」病を考察する髙橋流行動経済学。(講談社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  6. 6

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る