「損したくないニッポン人」髙橋秀実著

公開日:  更新日:

 強迫観念に支配されているかのように「損したくない」と躍起になる自分や周囲の人々の姿を活写しながら、日本の「今」を描き出す面白ノンフィクション。

 スーパーの駐車場に車を止めれば、駐車料金を無料にするために余計なものを買ってしまい、棚の商品を眺めているうちによその店の値段が気になってくる。かといって最安値の商品には不安を感じて手が出せない。さらに、店独自のオリジナルクーポンなど日常の買い物に張り巡らされた「損するワナ」に頭を悩ます。その他、ポイントの呪縛、不動産、家電、さらには結婚や宗教まで。蔓延する「損したくない」病を考察する髙橋流行動経済学。(講談社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  4. 4

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  5. 5

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る