「金魚はすごい」吉田信行著

公開日: 更新日:

 江戸時代から続く老舗金魚屋の6代目が、知られざる金魚の世界を案内してくれるガイドブック。

 金魚のルーツは中国で、3~5世紀ごろ、揚子江流域に生息していたフナの仲間が突然変異して「緋ブナ」が生まれ、そこから現在「和金」と呼ばれる金魚の原種ができたという。その後、突然変異の繁殖を繰り返したり、品種をかけ合わせたりしながら、現在ではその種類は100~200種にも及ぶ。日本には室町時代に伝わり、やがて庶民にも親しまれるようになった。日本で認定されている31種を中心に誕生のエピソードなどを交えながら解説。さらに水温順応力の高さや平和主義者な一面など、金魚の意外な魅力もたっぷりと語られ、一読したら飼いたくなること間違いなし。

(講談社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  9. 8

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る