「孤独病 寂しい日本人の正体」片田珠美著

公開日:  更新日:

 精神科医が、現代人が抱える「孤独」について考察した論考集。

 病理的なまでに孤独が深刻化すれば、それは病になると指摘。ライフスタイルの変化による地縁や血縁の希薄化や、社会の無菌化、そしてネットの出現による個人の匿名化など、現代人の孤独感を生み出す背景を分析。さらに、孤独や不安を埋めるためにゴミに執着するゴミ屋敷の住人や、SNSにあふれる自撮り写真などを話題にしながら、孤独が作られる心的メカニズムを解き明かす。一方で、同居する家族というもっとも親しいはずの存在によって孤独へと追いやられる人や引きこもりなど、現代人を悩ます孤独と寂しさの正体に迫りながら、その処方箋を提示する。

(集英社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  9. 9

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  10. 10

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

もっと見る