「孤独病 寂しい日本人の正体」片田珠美著

公開日:  更新日:

 精神科医が、現代人が抱える「孤独」について考察した論考集。

 病理的なまでに孤独が深刻化すれば、それは病になると指摘。ライフスタイルの変化による地縁や血縁の希薄化や、社会の無菌化、そしてネットの出現による個人の匿名化など、現代人の孤独感を生み出す背景を分析。さらに、孤独や不安を埋めるためにゴミに執着するゴミ屋敷の住人や、SNSにあふれる自撮り写真などを話題にしながら、孤独が作られる心的メカニズムを解き明かす。一方で、同居する家族というもっとも親しいはずの存在によって孤独へと追いやられる人や引きこもりなど、現代人を悩ます孤独と寂しさの正体に迫りながら、その処方箋を提示する。

(集英社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る