「性のタブーのない日本」橋本治著

公開日:  更新日:

 明治以前の日本には性表現や性に関してのタブーはなく、その代わりにモラルがあったと著者は言う。古事記から、歌舞伎や浄瑠璃、浮世絵などに描かれてきた奔放な性表現を読み解きながら、日本の性文化をたどる異色の日本論。

 古事記のイザナギとイザナミの男女二神が性交によって日本を誕生させる場面を例に、そこに猥褻感がないのは、行為を具現化する性器の名称がなく、「性交をする」に該当する個別の動詞も存在しないからだと解説。一方で、平安時代に書かれた延喜式の大祓の祝詞が列挙する近親相姦などの罪は性的タブーではあるが、そのジャッジは神や国家が下すものではなく、国民の間で自然発生的に理解されている高度な文化だとも。博覧強記の著者が独自の視点で日本の性文化の歴史を遡る。(集英社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る