「性のタブーのない日本」橋本治著

公開日:  更新日:

 明治以前の日本には性表現や性に関してのタブーはなく、その代わりにモラルがあったと著者は言う。古事記から、歌舞伎や浄瑠璃、浮世絵などに描かれてきた奔放な性表現を読み解きながら、日本の性文化をたどる異色の日本論。

 古事記のイザナギとイザナミの男女二神が性交によって日本を誕生させる場面を例に、そこに猥褻感がないのは、行為を具現化する性器の名称がなく、「性交をする」に該当する個別の動詞も存在しないからだと解説。一方で、平安時代に書かれた延喜式の大祓の祝詞が列挙する近親相姦などの罪は性的タブーではあるが、そのジャッジは神や国家が下すものではなく、国民の間で自然発生的に理解されている高度な文化だとも。博覧強記の著者が独自の視点で日本の性文化の歴史を遡る。(集英社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る