「性のタブーのない日本」橋本治著

公開日: 更新日:

 明治以前の日本には性表現や性に関してのタブーはなく、その代わりにモラルがあったと著者は言う。古事記から、歌舞伎や浄瑠璃、浮世絵などに描かれてきた奔放な性表現を読み解きながら、日本の性文化をたどる異色の日本論。

 古事記のイザナギとイザナミの男女二神が性交によって日本を誕生させる場面を例に、そこに猥褻感がないのは、行為を具現化する性器の名称がなく、「性交をする」に該当する個別の動詞も存在しないからだと解説。一方で、平安時代に書かれた延喜式の大祓の祝詞が列挙する近親相姦などの罪は性的タブーではあるが、そのジャッジは神や国家が下すものではなく、国民の間で自然発生的に理解されている高度な文化だとも。博覧強記の著者が独自の視点で日本の性文化の歴史を遡る。(集英社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  10. 10

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

もっと見る