「誤解だらけのマイナンバー対策」萩原京二著

公開日:  更新日:

 明年1月から施行されるマイナンバー制度への対策を解説したテキスト。

 マイナンバー対策を講じている企業は、今年5月の時点でわずか20%足らず。おまけに、マイナンバーが通知されたら、会社は速やかに社員から個人番号を収集しなくてはならないなどの間違った知識ばかりが広まっている。一方で、対応を怠れば、経営の危機にさえ陥る可能性もある。本書では、マイナンバーを社員から収得する前に行うべき準備から、最適な管理方法や運用法を解説。制度構築は、会社の規模や業務内容に合わせる必要があると、独自に考案した28の管理パターンに沿って、外注システムや社労士などに頼らずとも可能な、会社事情に適した対応法が学べる。

(幻冬舎 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る