宮城安総
著者のコラム一覧
宮城安総工作舎アートディレクター

1964年、宮城県生まれ。東北大学文学部仏文科卒。1990年代から単行本、企業パンフレット、ポスター、CDジャケットなど幅広く手掛ける。

“ふうせん”で追う宇宙への夢

公開日: 更新日:

「宇宙を撮りたい、風船で。」岩谷圭介著

 私事で恐縮だが、小学生の頃、「自作の凧」揚げに熱中したことがあった。ビニールシートと竹ヒゴ製のシンプルな物だが、冬のある日、わが「会心作」を近場の高台で揚げてみた。米粒大になるまで上昇するも、手元の糸がなくなる寸前、強風に煽られ糸が切れた。凧は行方知れず。ひどく悔しく悲しい帰り道となった。

「これは、風船を使った宇宙撮影を何百回も失敗を繰り返しながらもなお、挑戦し続けるお話です。(略)まずは、『やってみる』から、はじめよう。これが夢を追いかける合言葉なのかもしれません」(「はじめに」から)。

 幼少期から学生時代をへて現在まで続く「ふうせん宇宙撮影」の活動記録。失敗してもなお次のステップへの手がかりをつかむ、著者自身の「成長物語」になっている。また、他者を巻き込みながら、「実験」が次第に「プロジェクト」化していく過程が興味深い。その書きっぷりも含め、真摯で地道な取り組みが好印象だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る