日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ドローンランド」トム・ヒレンブラント著、赤坂桃子訳

 アメリカと中国は没落し、ブラジル、アラブ、EUが新しいエネルギーをめぐって覇権を競っている近未来のヨーロッパを舞台にした長編だ。タイトルは、大小さまざまなドローンによって監視されている社会、ということから付けられている。

 欧州議会議員の死体が発見され、ユーロポールの主任警部ベスターホイゼンが捜査に乗り出すところから始まっていく。帯に「ドイツ語圏の主要ミステリ賞・SF賞受賞」とあるように、SFでもあり、ミステリーでもあるので、どちらのジャンルの読者も楽しめる作品である。

 シミュレーション空間「ミラースペース」を駆使すれば、犯行現場を再現することも可能というSF的設定をはじめとして、舞台設定や小道具の使い方が鮮やかだ。たとえば、この未来ではいつも雨が降っていて、沿岸部の都市は水没し、中国では将軍が地方で反乱を起こしていたりする。こういうディテールがさりげなく語られて、この物語を引き締めているのもいい。

 なによりもいいのは読みやすいことだ。それは地味な捜査を描きながらもそのテンポがよく、さらに鮮烈なイメージが随所に現出するからだ。SFはどうも苦手という読者にこそすすめたい。ラスト近くのアクションの切れもよく、スリリングな展開に息をのむこと必至。もちろん物語の着地もよく、映画にしたいような面白小説だ。(河出書房新社 2800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事