「消えた赤線放浪記」木村聡著

公開日:  更新日:

 戦前の遊郭や戦後の赤線地帯の名残をとどめる全国各地の繁華街を訪ね歩く色町紀行。

 志摩半島の東端、的矢湾に浮かぶ渡鹿野島には、かつて停泊している船に乗り込んで一夜妻を務める「はしりがね」と呼ばれる船遊女の習慣があった。明治33年に禁止され、遊女たちは陸の妓楼に移り、今も周囲1キロほどの小島には男の相手をする女たちが200人ほどいるという。

 その他、かつてはハマの「鳩の街」として栄え、盛衰を繰り返しながらも今はファッションヘルスでにぎわう横浜の曙町など、北は旭川の「稲荷小路」と「中島遊郭跡」から、南は鹿児島の「沖の村」まで全国41地域の色町の成り立ちから現在までを多くの写真と体験ルポで紹介する。(筑摩書房 1100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る