• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「東京タクシードライバー」山田清機著

 13人のタクシードライバーの人生を描き出すノンフィクション。

 業界最大手の新木場営業所で班長を務める45歳の荒木は、それまで勤務していた会社を辞め家業の料理屋を継いでいた。だが、9年前、離婚をきっかけに両親との関係にも亀裂が入り家出。一時はホームレスになってしまった彼がタクシーに乗務するまでの波乱の日々を紹介。

 一方、15年前に初めて一人で乗務した日に巧妙な手口で7万円もの大金を乗客に詐取されたという権藤や、この道19年、バブル崩壊後も大企業のサラリーマン並みの収入を得ているという高木が独自に編み出した営業戦略と3人の子連れとの結婚話など。13人13様の人生模様が浮かび上がる。(朝日新聞出版 680円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る