「日本人が最強の脳をもっている」加藤俊徳著

公開日: 更新日:

 日本を訪れる外国人は、街にゴミが落ちていないことに驚くという。日本人はなぜゴミのポイ捨てをしないのか。そのカギを握るのが、「敬語を使う」という文化だ。

 相手との関係性を判断し、その時々に応じて言葉を変えて会話する習慣がついていると、脳の思考系や感情系、理解系をつかさどる部位が刺激されて発達する。すると、ゴミを手にした時に脳の感情系が「道徳心のない人と思われたくない」と考え、思考系や理解系が「捨てない方がよい」と判断し、ゴミを持ち帰る行動につながるのだ。

 他にも、ご飯粒を残さず食べる、丁寧にお辞儀する、技術は目で盗むなどの行動にも、脳を発達させる秘密が隠されているという。脳を鍛えたいなら、日本ならではの習慣をもう一度見直してみては。(幻冬舎 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る

人気キーワード