「日本人が最強の脳をもっている」加藤俊徳著

公開日: 更新日:

 日本を訪れる外国人は、街にゴミが落ちていないことに驚くという。日本人はなぜゴミのポイ捨てをしないのか。そのカギを握るのが、「敬語を使う」という文化だ。

 相手との関係性を判断し、その時々に応じて言葉を変えて会話する習慣がついていると、脳の思考系や感情系、理解系をつかさどる部位が刺激されて発達する。すると、ゴミを手にした時に脳の感情系が「道徳心のない人と思われたくない」と考え、思考系や理解系が「捨てない方がよい」と判断し、ゴミを持ち帰る行動につながるのだ。

 他にも、ご飯粒を残さず食べる、丁寧にお辞儀する、技術は目で盗むなどの行動にも、脳を発達させる秘密が隠されているという。脳を鍛えたいなら、日本ならではの習慣をもう一度見直してみては。(幻冬舎 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  6. 6

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  7. 7

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  8. 8

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  9. 9

    朝ドラ「まんぷく」絶好調で 安藤サクラはCM出演料が2倍に

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る