• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「寝不足でも結果を出す全技法」西多昌規著

 健康のため、そして日中の仕事でハイパフォーマンスを発揮するためには、十分な睡眠が不可欠。しかし、忙しい日本人にとって寝不足の解消は容易なことではない。そこで本書は、あえて寝不足でも健康を保ち、日中の仕事も精力的に行うための方法を提案する。

 まず、朝は体内時計を目覚めさせるために起床後すぐに太陽光を浴びること。朝食は必ず、しかし最小限に取り、内臓を目覚めさせる。炭水化物の取り過ぎは血糖値を急上昇させ眠気を誘うため、シリアルやバナナなどがいい。このとき、レモンジュースを欠かさず飲むこと。脳を覚醒させるのにお勧めだ。

 昼食はカレーで汗をかく、1分間の短時間仮眠を取る、休日は寝だめしないなど、睡眠医学の専門家がアドバイスしていく。(ディスカヴァー・トゥエンティワン 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る