「寝不足でも結果を出す全技法」西多昌規著

公開日: 更新日:

 健康のため、そして日中の仕事でハイパフォーマンスを発揮するためには、十分な睡眠が不可欠。しかし、忙しい日本人にとって寝不足の解消は容易なことではない。そこで本書は、あえて寝不足でも健康を保ち、日中の仕事も精力的に行うための方法を提案する。

 まず、朝は体内時計を目覚めさせるために起床後すぐに太陽光を浴びること。朝食は必ず、しかし最小限に取り、内臓を目覚めさせる。炭水化物の取り過ぎは血糖値を急上昇させ眠気を誘うため、シリアルやバナナなどがいい。このとき、レモンジュースを欠かさず飲むこと。脳を覚醒させるのにお勧めだ。

 昼食はカレーで汗をかく、1分間の短時間仮眠を取る、休日は寝だめしないなど、睡眠医学の専門家がアドバイスしていく。(ディスカヴァー・トゥエンティワン 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  6. 6

    参院選演説で連発 自民の“失言リバイバル”は舌禍より本音

  7. 7

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  8. 8

    【秋田】大物応援vs草の根選挙 イージス配備めぐり舌戦

  9. 9

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  10. 10

    “コントの神様”志村けんは「キッチリ準備」が仕事の流儀

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る