「寝不足でも結果を出す全技法」西多昌規著

公開日: 更新日:

 健康のため、そして日中の仕事でハイパフォーマンスを発揮するためには、十分な睡眠が不可欠。しかし、忙しい日本人にとって寝不足の解消は容易なことではない。そこで本書は、あえて寝不足でも健康を保ち、日中の仕事も精力的に行うための方法を提案する。

 まず、朝は体内時計を目覚めさせるために起床後すぐに太陽光を浴びること。朝食は必ず、しかし最小限に取り、内臓を目覚めさせる。炭水化物の取り過ぎは血糖値を急上昇させ眠気を誘うため、シリアルやバナナなどがいい。このとき、レモンジュースを欠かさず飲むこと。脳を覚醒させるのにお勧めだ。

 昼食はカレーで汗をかく、1分間の短時間仮眠を取る、休日は寝だめしないなど、睡眠医学の専門家がアドバイスしていく。(ディスカヴァー・トゥエンティワン 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    プロ野球契約最終年 首筋が寒い監督4人「去る者 残る者」

もっと見る

人気キーワード