• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「すベての疲労は脳が原因」梶本修身著

 ジョギングやゴルフをした後は、誰もが“体が疲れた”と感じる。

 しかし、疲労医学の専門家である著者によれば、人間は4時間程度体に負荷をかける運動をしても、筋肉や肝機能などにはほとんど影響しないことが明らかになっているそうだ。

 それでは、なぜ体が疲れたと感じるのか。

 その秘密は、脳の自律神経の中枢に隠されている。運動を始めると数秒後には心拍数や呼吸が速くなるが、これをつかさどるのが脳の視床下部という部位。運動が激しくなると視床下部での処理量が増加して脳疲労が起こり、体全体の疲労感として自覚されるのだという。

 本書では、柑橘類に多いクエン酸や鶏の胸肉に多いイミダペプチドなど、脳疲労を解消し疲れを感じにくくする栄養素なども紹介していく。(集英社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る