「すベての疲労は脳が原因」梶本修身著

公開日:  更新日:

 ジョギングやゴルフをした後は、誰もが“体が疲れた”と感じる。

 しかし、疲労医学の専門家である著者によれば、人間は4時間程度体に負荷をかける運動をしても、筋肉や肝機能などにはほとんど影響しないことが明らかになっているそうだ。

 それでは、なぜ体が疲れたと感じるのか。

 その秘密は、脳の自律神経の中枢に隠されている。運動を始めると数秒後には心拍数や呼吸が速くなるが、これをつかさどるのが脳の視床下部という部位。運動が激しくなると視床下部での処理量が増加して脳疲労が起こり、体全体の疲労感として自覚されるのだという。

 本書では、柑橘類に多いクエン酸や鶏の胸肉に多いイミダペプチドなど、脳疲労を解消し疲れを感じにくくする栄養素なども紹介していく。(集英社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る