• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「すベての疲労は脳が原因」梶本修身著

 ジョギングやゴルフをした後は、誰もが“体が疲れた”と感じる。

 しかし、疲労医学の専門家である著者によれば、人間は4時間程度体に負荷をかける運動をしても、筋肉や肝機能などにはほとんど影響しないことが明らかになっているそうだ。

 それでは、なぜ体が疲れたと感じるのか。

 その秘密は、脳の自律神経の中枢に隠されている。運動を始めると数秒後には心拍数や呼吸が速くなるが、これをつかさどるのが脳の視床下部という部位。運動が激しくなると視床下部での処理量が増加して脳疲労が起こり、体全体の疲労感として自覚されるのだという。

 本書では、柑橘類に多いクエン酸や鶏の胸肉に多いイミダペプチドなど、脳疲労を解消し疲れを感じにくくする栄養素なども紹介していく。(集英社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る