• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「定本 山村を歩く」岡田喜秋著

 1970年代に日本の山村を訪ね歩いた名紀行の復刻。

 日曜日、ふと山路を踏みたくなり、秩父に向かう。バスの終点、名郷で降りて歩き出し、急坂を上り鳥首峠に出て、持参したコッヘルで紅茶を沸かす。浦山の頂の近くの武士平に、このあたりには珍しい桃源郷のような山上集落があることを思い出し、立ち寄ることに。武士平には登山者をわが子のように迎え入れる老夫婦がいると耳にしたことがある。到着した山上の一軒、庭先に座っていたのがその人、浅見伊吉氏だった。(秩父の隠れ里へ)

 その他、紀行文を書く原点となった鳴子温泉近くの中山平に住むこけし作家の家を27年ぶりに訪ねるなど、各地の山村を巡りながら人や風景との出会いをつづった32編を収録。(山と溪谷社 950円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る