「定本 山村を歩く」岡田喜秋著

公開日: 更新日:

 1970年代に日本の山村を訪ね歩いた名紀行の復刻。

 日曜日、ふと山路を踏みたくなり、秩父に向かう。バスの終点、名郷で降りて歩き出し、急坂を上り鳥首峠に出て、持参したコッヘルで紅茶を沸かす。浦山の頂の近くの武士平に、このあたりには珍しい桃源郷のような山上集落があることを思い出し、立ち寄ることに。武士平には登山者をわが子のように迎え入れる老夫婦がいると耳にしたことがある。到着した山上の一軒、庭先に座っていたのがその人、浅見伊吉氏だった。(秩父の隠れ里へ)

 その他、紀行文を書く原点となった鳴子温泉近くの中山平に住むこけし作家の家を27年ぶりに訪ねるなど、各地の山村を巡りながら人や風景との出会いをつづった32編を収録。(山と溪谷社 950円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  9. 9

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  10. 10

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る