「定本 山村を歩く」岡田喜秋著

公開日: 更新日:

 1970年代に日本の山村を訪ね歩いた名紀行の復刻。

 日曜日、ふと山路を踏みたくなり、秩父に向かう。バスの終点、名郷で降りて歩き出し、急坂を上り鳥首峠に出て、持参したコッヘルで紅茶を沸かす。浦山の頂の近くの武士平に、このあたりには珍しい桃源郷のような山上集落があることを思い出し、立ち寄ることに。武士平には登山者をわが子のように迎え入れる老夫婦がいると耳にしたことがある。到着した山上の一軒、庭先に座っていたのがその人、浅見伊吉氏だった。(秩父の隠れ里へ)

 その他、紀行文を書く原点となった鳴子温泉近くの中山平に住むこけし作家の家を27年ぶりに訪ねるなど、各地の山村を巡りながら人や風景との出会いをつづった32編を収録。(山と溪谷社 950円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る