「おそ松くん ベスト・セレクション」赤塚不二夫著

公開日:  更新日:

 TVアニメ「おそ松さん」で人気再沸騰の昭和の傑作ギャグマンガ。

 主人公は、両親さえ区別がつかないほど同じ顔をした、おそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、とど松の6つ子。親の留守を見計らって空き巣に入った泥棒が、次々と現れる同じ顔の6つ子に翻弄される話をはじめ、子供の判別に悩む親のために整形してチョロ松ひとりだけが美男になる話、そして製薬会社の社員となった30年後のおそ松たちが若返りの薬を開発する話など18話を収録。

 イヤミやハタ坊らのキャラクターたちとの再会も楽しく、映画のストップモーションのような表現が使われていたりと、今読んでも決して古びることがない面白さだ。(筑摩書房 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る