「おそ松くん ベスト・セレクション」赤塚不二夫著

公開日: 更新日:

 TVアニメ「おそ松さん」で人気再沸騰の昭和の傑作ギャグマンガ。

 主人公は、両親さえ区別がつかないほど同じ顔をした、おそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、とど松の6つ子。親の留守を見計らって空き巣に入った泥棒が、次々と現れる同じ顔の6つ子に翻弄される話をはじめ、子供の判別に悩む親のために整形してチョロ松ひとりだけが美男になる話、そして製薬会社の社員となった30年後のおそ松たちが若返りの薬を開発する話など18話を収録。

 イヤミやハタ坊らのキャラクターたちとの再会も楽しく、映画のストップモーションのような表現が使われていたりと、今読んでも決して古びることがない面白さだ。(筑摩書房 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  6. 6

    参院選演説で連発 自民の“失言リバイバル”は舌禍より本音

  7. 7

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  8. 8

    【秋田】大物応援vs草の根選挙 イージス配備めぐり舌戦

  9. 9

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  10. 10

    “コントの神様”志村けんは「キッチリ準備」が仕事の流儀

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る