• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「おそ松くん ベスト・セレクション」赤塚不二夫著

 TVアニメ「おそ松さん」で人気再沸騰の昭和の傑作ギャグマンガ。

 主人公は、両親さえ区別がつかないほど同じ顔をした、おそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、とど松の6つ子。親の留守を見計らって空き巣に入った泥棒が、次々と現れる同じ顔の6つ子に翻弄される話をはじめ、子供の判別に悩む親のために整形してチョロ松ひとりだけが美男になる話、そして製薬会社の社員となった30年後のおそ松たちが若返りの薬を開発する話など18話を収録。

 イヤミやハタ坊らのキャラクターたちとの再会も楽しく、映画のストップモーションのような表現が使われていたりと、今読んでも決して古びることがない面白さだ。(筑摩書房 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  7. 7

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  8. 8

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  9. 9

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  10. 10

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

もっと見る