「おそ松くん ベスト・セレクション」赤塚不二夫著

公開日:  更新日:

 TVアニメ「おそ松さん」で人気再沸騰の昭和の傑作ギャグマンガ。

 主人公は、両親さえ区別がつかないほど同じ顔をした、おそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、とど松の6つ子。親の留守を見計らって空き巣に入った泥棒が、次々と現れる同じ顔の6つ子に翻弄される話をはじめ、子供の判別に悩む親のために整形してチョロ松ひとりだけが美男になる話、そして製薬会社の社員となった30年後のおそ松たちが若返りの薬を開発する話など18話を収録。

 イヤミやハタ坊らのキャラクターたちとの再会も楽しく、映画のストップモーションのような表現が使われていたりと、今読んでも決して古びることがない面白さだ。(筑摩書房 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る