「ボディ・ピアスの少女 探偵・竹花」藤田宜永著

公開日: 更新日:

 探偵の竹花は、公園で男に襲われていた少女・夏子を助け、一晩自宅に泊める。小鼻や下唇にピアスをした夏子は、襲われた理由を明かそうとしない。翌朝、目覚めると夏子は消えていた。

 2日後、竹花は朝刊に見覚えのある顔を見つける。殺人事件の被害者の顔写真が、夏子が持っていた家族写真に写っていた男だったのだ。夏子のことが気になり、実家を訪ねた竹花は、彼女の祖父・浩太郎から警察よりも早く夏子と兄の冬樹を捜して欲しいと依頼される。警察は冬樹を父親殺害の容疑者と睨んでいるらしい。冬樹が太田という男と連絡を取り合っていたことが分かり、家を訪ねると、太田は殺されていた。

 人気ハードボイルドシリーズ、記念すべき第1作の新装版。(光文社 840円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る