「副作用が出ないIPT抗がん剤療法」奥野幸彦著

公開日: 更新日:

 抗がん剤には激しい副作用があるが、これを軽減する画期的な治療法がIPT抗がん剤療法だ。IPTは日本語でインスリン増強療法と訳される。インスリンには細胞膜の透過性を高める作用があり、これを用いて薬の効果を増強するというものだ。

 IPT抗がん剤療法ではインスリンと抗がん剤を併用し、抗がん剤の透過性を高める。すると、通常の10~20%の抗がん剤で、標準治療で行っている抗がん剤治療以上の効果が得られるそうだ。

 この治療法のメリットは副作用がほとんど表れないことと、治療の回数を増やせること。正常細胞へのダメージが少ないため、頻回に抗がん剤治療が行え、それだけがん細胞を叩くことが可能になるという。

 実際の症例とともに、その効果を明らかにしていく。(現代書林 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  4. 4

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

もっと見る

人気キーワード