「副作用が出ないIPT抗がん剤療法」奥野幸彦著

公開日: 更新日:

 抗がん剤には激しい副作用があるが、これを軽減する画期的な治療法がIPT抗がん剤療法だ。IPTは日本語でインスリン増強療法と訳される。インスリンには細胞膜の透過性を高める作用があり、これを用いて薬の効果を増強するというものだ。

 IPT抗がん剤療法ではインスリンと抗がん剤を併用し、抗がん剤の透過性を高める。すると、通常の10~20%の抗がん剤で、標準治療で行っている抗がん剤治療以上の効果が得られるそうだ。

 この治療法のメリットは副作用がほとんど表れないことと、治療の回数を増やせること。正常細胞へのダメージが少ないため、頻回に抗がん剤治療が行え、それだけがん細胞を叩くことが可能になるという。

 実際の症例とともに、その効果を明らかにしていく。(現代書林 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  7. 7

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    刑務官が巡回中に倒れ…自由になった受刑者が取った行動は

もっと見る