「副作用が出ないIPT抗がん剤療法」奥野幸彦著

公開日: 更新日:

 抗がん剤には激しい副作用があるが、これを軽減する画期的な治療法がIPT抗がん剤療法だ。IPTは日本語でインスリン増強療法と訳される。インスリンには細胞膜の透過性を高める作用があり、これを用いて薬の効果を増強するというものだ。

 IPT抗がん剤療法ではインスリンと抗がん剤を併用し、抗がん剤の透過性を高める。すると、通常の10~20%の抗がん剤で、標準治療で行っている抗がん剤治療以上の効果が得られるそうだ。

 この治療法のメリットは副作用がほとんど表れないことと、治療の回数を増やせること。正常細胞へのダメージが少ないため、頻回に抗がん剤治療が行え、それだけがん細胞を叩くことが可能になるという。

 実際の症例とともに、その効果を明らかにしていく。(現代書林 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  8. 8

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

もっと見る