「無敵の『1日1食』」三枝成彰著

公開日: 更新日:

 74歳の現在でも新作オペラを書き続けている音楽家の著者。精力的な活動を支えているのが、30年以上続けている1日1食の食生活だ。

 毎日、朝10時から作曲活動を始めるという著者は、その間は飲み物以外口にせず、夜に初めてその日の食事をする。それまで空腹はまったく感じないそうだ。

 一般的な日本人の食事はカロリーの半分以上がご飯、麺、芋などの糖質だ。これが体内に取り込まれると血糖値が一気に上がる。いったん上がった血糖値は、下がるたびに私たちに空腹を感じさせる。そのため、朝から何も食べなければ空腹も感じず、消化に使われるエネルギーも節約できるという。

 夕食で食べるとよい魚やキノコ、豆類を使ったレシピも紹介。バリバリ働きたいなら、1日1食を始めてみては。(SBクリエイティブ 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  8. 8

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

もっと見る