「無敵の『1日1食』」三枝成彰著

公開日:  更新日:

 74歳の現在でも新作オペラを書き続けている音楽家の著者。精力的な活動を支えているのが、30年以上続けている1日1食の食生活だ。

 毎日、朝10時から作曲活動を始めるという著者は、その間は飲み物以外口にせず、夜に初めてその日の食事をする。それまで空腹はまったく感じないそうだ。

 一般的な日本人の食事はカロリーの半分以上がご飯、麺、芋などの糖質だ。これが体内に取り込まれると血糖値が一気に上がる。いったん上がった血糖値は、下がるたびに私たちに空腹を感じさせる。そのため、朝から何も食べなければ空腹も感じず、消化に使われるエネルギーも節約できるという。

 夕食で食べるとよい魚やキノコ、豆類を使ったレシピも紹介。バリバリ働きたいなら、1日1食を始めてみては。(SBクリエイティブ 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る