「蜜蜂と遠雷」恩田陸著

公開日:

 3年ごとに開催される芳ケ江国際ピアノコンクールには世界中から精鋭が集まり、そのレベルの高さは折り紙付き。3次の予選を経て本選までの2週間、熾烈な競争が繰り広げられるが、物語は4人のコンテスタントに焦点を当てながら進んでいく。

 伝説的な世界的名ピアニストの秘蔵っ子で15歳の風間塵は、養蜂家の父と一緒に各地を転々とし自宅にピアノを持たないという変わり種。栄伝亜夜は天才少女として才能を高く評価されていたが13歳のときに母を亡くし、そのショックでコンサートをドタキャン。以来ピアノ界から遠ざかり、今回7年ぶりに復活。

 19歳のマサル・C・レヴィ・アナトールは、ジュリアード音楽院に在籍する完璧な技術の持ち主で優勝候補の最有力。楽器店に勤務し妻子もある高島明石はコンクール年齢制限ぎりぎりの28歳で、この大会に最後の夢を懸ける。

 4者4様の音楽への思いを丁寧に描いていくのだが、圧巻なのは彼らが演奏する音楽を可能な限り言葉で伝えていこうとする作者の執念。これほどまで「音」に迫った小説の誕生に感動を覚える。(幻冬舎 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る