「何様」朝井リョウ著

公開日:  更新日:

 直木賞受賞作「何者」は、男女5人の大学生が就活を通じて「何者」であるかを模索する青春小説。映画化され、間もなく公開される。本作は、「何者」のアナザーストーリー6編を収めた短編集。

「水曜日の南階段はきれい」は、バンド活動に熱中し、ミュージシャンを夢見ていた高校生・光太郎が、就活でなぜ出版社にこだわったのかが明かされる。彼を動かしたのは、高校の同級生夕子との卒業間際の淡い恋だった。

「むしゃくしゃしてやった、と言ってみたかった」には、光太郎の元恋人、瑞月の父親が登場する。ふとしたことで30代のマナー講師・正美と知り合い、真面目に頑張ってきた彼女の「むしゃくしゃ」に押し流されるように道をふみはずす……。

 表題作「何様」の主人公は、人事部に配属された新入社員・克弘。駆け出しの面接官となり、おまえは人を選別できる人間か、と自問する。彼は「何者」の主人公・拓人と、小さな接点を持っている。

 という具合に「何者」の登場人物が時間とポジションを変えて登場、さらに新しい人物も加わって、広がりと厚みのある物語が展開する。迷いながら、もがきながら、生きることに懸命な彼らがいとおしい。(新潮社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

もっと見る