「最後の秘境東京藝大」二宮敦人著

公開日: 更新日:

 深夜、目を覚ましたら、現役芸大生である妻が顔に半紙を貼りつけていた。自分の等身大全身像を制作していたのだ。芸大に興味をもった著者が調べ始めると……。入試の自己表現の試験で4コマ漫画を描き、ホルンでせりふを吹いて合格した人。ブラジャーを仮面代わりに顔につけ、乳首だけ隠したトップレスの姿で大学内を闊歩するブラジャー・ウーマン。表現欲に突き動かされて暴走する人ばかり。音楽科の学生は早くからバイオリンなどの練習を始めて楽器に適した体に成長する。卒業後、就職する人は1割未満。「大学院に進学」と「行方不明」が8割を占める。

 芸大のぶっ飛んだ実像を描くノンフィクション。(新潮社1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る