「最後の秘境東京藝大」二宮敦人著

公開日:

 深夜、目を覚ましたら、現役芸大生である妻が顔に半紙を貼りつけていた。自分の等身大全身像を制作していたのだ。芸大に興味をもった著者が調べ始めると……。入試の自己表現の試験で4コマ漫画を描き、ホルンでせりふを吹いて合格した人。ブラジャーを仮面代わりに顔につけ、乳首だけ隠したトップレスの姿で大学内を闊歩するブラジャー・ウーマン。表現欲に突き動かされて暴走する人ばかり。音楽科の学生は早くからバイオリンなどの練習を始めて楽器に適した体に成長する。卒業後、就職する人は1割未満。「大学院に進学」と「行方不明」が8割を占める。

 芸大のぶっ飛んだ実像を描くノンフィクション。(新潮社1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る