「最後の秘境東京藝大」二宮敦人著

公開日: 更新日:

 深夜、目を覚ましたら、現役芸大生である妻が顔に半紙を貼りつけていた。自分の等身大全身像を制作していたのだ。芸大に興味をもった著者が調べ始めると……。入試の自己表現の試験で4コマ漫画を描き、ホルンでせりふを吹いて合格した人。ブラジャーを仮面代わりに顔につけ、乳首だけ隠したトップレスの姿で大学内を闊歩するブラジャー・ウーマン。表現欲に突き動かされて暴走する人ばかり。音楽科の学生は早くからバイオリンなどの練習を始めて楽器に適した体に成長する。卒業後、就職する人は1割未満。「大学院に進学」と「行方不明」が8割を占める。

 芸大のぶっ飛んだ実像を描くノンフィクション。(新潮社1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る