「美術品でたどるマリー・アントワネットの生涯」中野京子著

公開日:

 ロココのバラと呼ばれ、ベルサイユの女王として君臨するも、一転して徹底した辱めを受け、最後は断頭台の露と消えた悲劇のヒロイン、マリー・アントワネット。その38年の生涯を彼女にまつわる美術品と共にたどるビジュアルブック。

 アントワネットは、1755年、ハプスブルク家の十一女として誕生。史上もっとも有名なフランス王妃になるとも知らず、彼女を「その他おおぜい扱い」で描いた宮廷画家マイテンスによる「1755年の皇帝一家」から、ギロチンが滑らぬよう髪を短く切られ、後ろ手に縛られた処刑寸前の姿を描いたジャック・ルイ・ダヴィッドの「最後の肖像」まで。ゆかりの絵画や調度品を紹介しながら、その数奇な運命を振り返る。(NHK出版 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る