「美術品でたどるマリー・アントワネットの生涯」中野京子著

公開日: 更新日:

 ロココのバラと呼ばれ、ベルサイユの女王として君臨するも、一転して徹底した辱めを受け、最後は断頭台の露と消えた悲劇のヒロイン、マリー・アントワネット。その38年の生涯を彼女にまつわる美術品と共にたどるビジュアルブック。

 アントワネットは、1755年、ハプスブルク家の十一女として誕生。史上もっとも有名なフランス王妃になるとも知らず、彼女を「その他おおぜい扱い」で描いた宮廷画家マイテンスによる「1755年の皇帝一家」から、ギロチンが滑らぬよう髪を短く切られ、後ろ手に縛られた処刑寸前の姿を描いたジャック・ルイ・ダヴィッドの「最後の肖像」まで。ゆかりの絵画や調度品を紹介しながら、その数奇な運命を振り返る。(NHK出版 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  10. 10

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

もっと見る