「美術品でたどるマリー・アントワネットの生涯」中野京子著

公開日:

 ロココのバラと呼ばれ、ベルサイユの女王として君臨するも、一転して徹底した辱めを受け、最後は断頭台の露と消えた悲劇のヒロイン、マリー・アントワネット。その38年の生涯を彼女にまつわる美術品と共にたどるビジュアルブック。

 アントワネットは、1755年、ハプスブルク家の十一女として誕生。史上もっとも有名なフランス王妃になるとも知らず、彼女を「その他おおぜい扱い」で描いた宮廷画家マイテンスによる「1755年の皇帝一家」から、ギロチンが滑らぬよう髪を短く切られ、後ろ手に縛られた処刑寸前の姿を描いたジャック・ルイ・ダヴィッドの「最後の肖像」まで。ゆかりの絵画や調度品を紹介しながら、その数奇な運命を振り返る。(NHK出版 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る