「その雪と血を」ジョー・ネスボ著、鈴木恵訳

公開日: 更新日:

 オーラヴは、オスロでヘロイン密売組織を率いるホフマンの下で殺し屋として働いている。ある日、オーラヴはホフマンから彼の後妻・コリナを殺すよう命じられる。彼女の浮気が原因らしい。向かいのホテルからホフマンの家を観察すると、決まった時間に毎日現れる男は、コリナを手荒に扱う。

 コリナの美しさに心を奪われたオーラヴは、彼女が男から脅迫されていると考え、男を始末する。コリナではなく男を始末したことをホフマンに伝えたオーラヴは自分が決定的な間違いを起こしたことに気づく。殺した男はホフマンの息子だったのだ。オーラヴは急いでコリナを自宅から連れ出す。

 北欧の人気作家による長編ミステリー。(早川書房 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  9. 9

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  10. 10

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

もっと見る