「その雪と血を」ジョー・ネスボ著、鈴木恵訳

公開日: 更新日:

 オーラヴは、オスロでヘロイン密売組織を率いるホフマンの下で殺し屋として働いている。ある日、オーラヴはホフマンから彼の後妻・コリナを殺すよう命じられる。彼女の浮気が原因らしい。向かいのホテルからホフマンの家を観察すると、決まった時間に毎日現れる男は、コリナを手荒に扱う。

 コリナの美しさに心を奪われたオーラヴは、彼女が男から脅迫されていると考え、男を始末する。コリナではなく男を始末したことをホフマンに伝えたオーラヴは自分が決定的な間違いを起こしたことに気づく。殺した男はホフマンの息子だったのだ。オーラヴは急いでコリナを自宅から連れ出す。

 北欧の人気作家による長編ミステリー。(早川書房 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る