石原壮一郎
著者のコラム一覧
石原壮一郎

1963年、三重県生まれ。著書「大人養成講座」「大人力検定」などで、日本の大人シーンを牽引している。最新刊「大人の言葉の選び方」も好評!

最初から「向いてる仕事」を探す無駄

公開日: 更新日:

「人生を面白くする『好きになる力』」山田五郎著 海竜社 1300円+税

 この本には2種類の活用法があります。ひとつは、自分の生き方を見直すきっかけを与えてもらう本として。もうひとつは、若い後輩や部下、あるいは自分の子どもに説教するときのネタを仕入れる本として。

 山田五郎を初めて知ったのは、25年ほど前の「タモリ倶楽部」だったでしょうか。1992年に出た初の著書「百万人のお尻学」は、彼の得意分野である美術鑑賞の手法で、お尻を大真面目に愛でるというくだらなくも高尚な名著でした。

 以来、博覧強記っぷりや多趣味っぷりをいかんなく発揮して、タレントやコラムニストとして大活躍。彼ほど人生を楽しんでいるように見える人はいません。そんな人生の達人が、「人生を面白くする」方法を伝授してくれる本を出しました。

 本書で詳しく語られているのは、「好きになる力」の効能とノウハウ。編集者としての実体験を踏まえつつ、特に強調されているのが、仕事を好きになる大切さです。

 出版社に入って配属されたのは、縁も興味もなかったファッション誌。しかも職場環境は、今でいう超ブラック。そこで彼が「好きになる力」をどう鍛えて、どう発揮してきたか。いかにその力に助けられ、今にどう役立っているか。見開きごとに1話、それぞれ見出しが「好きになる川柳」になっているのも、彼の美学や律義な性格を表しています。

〈好きになる そのこと自体が 仕事です〉

〈最初から「向いてる仕事」を 探す無駄〉

〈この年で ビビれることが 幸せだ〉

 たとえば、こんな感じです。若者はもちろん、中堅やベテランにも心に染みて役に立つ言葉がいっぱい。努力して好きになってみることが大切なのは、仕事だけではありません。人間関係、趣味、食べ物、日々の出来事など、すべてにいえることです。「好きになる力」で、不満や不機嫌を吹き飛ばしましょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る