石原壮一郎
著者のコラム一覧
石原壮一郎

1963年、三重県生まれ。著書「大人養成講座」「大人力検定」などで、日本の大人シーンを牽引している。最新刊「大人の言葉の選び方」も好評!

29の悩み相談に諭吉がピシッと回答

公開日:

「諭吉に訊け!」奥野宣之著(光文社 1300円+税)

 福沢諭吉の顔は、日本でもっとも愛され、求められています。まあそれは「1万円札の人」としてですけど、もちろん偉大な人物であることは間違いありません。

 そんな諭吉が、現代を生きる我々の悩みにビシッと答えてくれました。いや、霊界通信的な怪しい話ではありません。彼の思想に心酔し、過去に「現代語訳・学問のすすめ」も書いたライターの奥野宣之が、諭吉と読者の「橋渡し役」になってくれています。

 奥野によると「学問のすすめ」は、「勉強しなさい」だけではなく、個人の生き方についてもたっぷり語っている本だとか。しかも、諭吉の言葉はユーモアにあふれ、勇気が湧いてくる名文句が詰まっています。

 本書は、29の悩みを「働き方」「心と体」「人間関係」「生き方」の4つの章に分類。「生き方」の章にある「人生に成功する秘訣はあるの?」という悩みに対しては、まず最初に諭吉のこんな言葉が紹介されています。

「平生知徳事業の帳合を精密にして、勤めて損亡を引請けざるように心掛けざるべからず」

 人生とは「知恵や徳を身につける」という「事業」であり、その帳簿をきっちりつけなさいと言っています。それを受けて奥野は、身近な例に結び付けつつ、諭吉の真意を考察。結局、人生には成功も失敗もなく、しぶとく機嫌よく生きることが大切という話ではないかと言っています。

 ほかにも「自分より能力が低い人のほうが職場で評価されている。会社は人を見る目がない」「今の世の中バカばっかりで困る!」など、誰もが抱きがちな悩みがズラリ。諭吉が力強い愛の鉄槌を下し、奥野が絶妙のバランス感覚を発揮しながら、分かりやすくフォローして、愛の鉄槌の効果を増幅してくれます。

 いまいちシャキッとしない毎日を過ごしているあなたは、諭吉にガツンとやられて、スッキリ目を覚ましましょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る