日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
石原壮一郎
著者のコラム一覧
石原壮一郎

1963年、三重県生まれ。著書「大人養成講座」「大人力検定」などで、日本の大人シーンを牽引している。最新刊「大人の言葉の選び方」も好評!

ゆるくて何でもあり 「はにわスピリッツ」の魅力

「はにわ」まりこふん著 青月社 1600円+税

 ああ、はにわについて、自分はなんて無知だったのか――。知っているようで知らないはにわと、一気に仲良くなれる絶好の入門書です。

 はにわは、3世紀半ばから7世紀末ごろまでの古墳時代に作られました。弥生時代と、仏教が入ってきた飛鳥時代にはさまれた時期です。古墳とセットで発掘され、聖域の境目を示す役割や、おまじないの意味があったと考えられているとか。

 はにわを「かわいいなぁ」という目線で見つめて、その魅力に楽しくスポットを当ててくれているのは、現在の古墳ブームを牽引しているまりこふん。「古墳をゆるく楽しく愛でる」をモットーに設立された「古墳にコーフン協会」の会長を務めています。卑弥呼風のコスチュームで、古墳への愛を歌い上げる「古墳シンガー」としても大活躍。各地の古墳イベントに引っ張りだこで、CDも発売しています。

 本のメーンは、たくさんのはにわの紹介。はにわというと、とぼけた表情でノンキなポーズをとっているイメージですが、しかめっ面で巨大な一物を突き出しているはにわもあります。このはにわに対して、彼女は「裏ビデオはにわ」というタイトルをつけ、どうして丸出しにしているのかを勝手に推測。さらに、写真に吹き出しを付けて、「どうだっ!」と言わせています。

 人物だけでなく、動物や家、舟など、じつにバラエティー豊か。どんな人がどんな気持ちで作っていたのか、1500年前の人たちと、はにわを通じて会話しているような気になり、なんだか親しみが湧いてきます。

 けっして精密ではなく、ゆるく作られているのもはにわの特徴。世知辛い世の中を生きる私たちに必要なのは、きっとはにわです。秋の行楽シーズン、はにわがいる古墳や博物館に出かけましょう。ゆるくて何でもありのはにわスピリッツに触れることで、人生が少し変わる……かも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事