「アンダーグラウンド・マーケット」藤井太洋著

公開日: 更新日:

 五輪を2年後に控えた2018年の東京では、1000万を超えた移民が決済手段に用いるデジタル通貨「N(エヌ)円」によって地下経済が誕生。就職に失敗して、地下経済で生きる巧は、N円の決済機能を個人店舗のサイトやレジに組み込み、表と地下の経済を結びつけるウェブデザイナーとして糊口をしのいでいる。ある日、巧と仲間の鎌田は竹下通りに店を構えるショップ「ヒステリア・ウィドウ」の公式サイトの仕事を受注。稼働から1週間後、巧はシステムの不具合に気づき、青ざめる。このままでは数時間後に店が不渡りを出してしまうからだ。(「ヒステリアン・ケース」)

 近未来を舞台にした連作サスペンス集。(朝日新聞出版 670円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  9. 9

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  10. 10

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

もっと見る