「バードドッグ」木内一裕著

公開日: 更新日:

 探偵の矢能は、暴力団燦宮会の組長・二木に2日前から連絡がつかない幹部の佐村を捜して欲しいと頼まれる。組内で後継者を巡る駆け引きが行われていることを察した矢能は、佐村が内部の人間に始末されたと確信し、依頼を断る。

 そんな中、未華子と名乗る女から佐村の愛人だった妹を捜して欲しいとの依頼が舞い込む。未華子の妹の美咲が消えたのは佐村が失踪した翌日だった。

 依頼を受けた矢能は、美咲がホステスとして働いていたクラブを突き止める。支配人によると、佐村の女は美咲ではなく雪乃というホステスだという。雪乃も3日前から連絡がつかなくなっていた。

 元ヤクザの危険な探偵・矢能が活躍する人気シリーズ第3弾。(講談社 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る