• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「バードドッグ」木内一裕著

 探偵の矢能は、暴力団燦宮会の組長・二木に2日前から連絡がつかない幹部の佐村を捜して欲しいと頼まれる。組内で後継者を巡る駆け引きが行われていることを察した矢能は、佐村が内部の人間に始末されたと確信し、依頼を断る。

 そんな中、未華子と名乗る女から佐村の愛人だった妹を捜して欲しいとの依頼が舞い込む。未華子の妹の美咲が消えたのは佐村が失踪した翌日だった。

 依頼を受けた矢能は、美咲がホステスとして働いていたクラブを突き止める。支配人によると、佐村の女は美咲ではなく雪乃というホステスだという。雪乃も3日前から連絡がつかなくなっていた。

 元ヤクザの危険な探偵・矢能が活躍する人気シリーズ第3弾。(講談社 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る