「バードドッグ」木内一裕著

公開日: 更新日:

 探偵の矢能は、暴力団燦宮会の組長・二木に2日前から連絡がつかない幹部の佐村を捜して欲しいと頼まれる。組内で後継者を巡る駆け引きが行われていることを察した矢能は、佐村が内部の人間に始末されたと確信し、依頼を断る。

 そんな中、未華子と名乗る女から佐村の愛人だった妹を捜して欲しいとの依頼が舞い込む。未華子の妹の美咲が消えたのは佐村が失踪した翌日だった。

 依頼を受けた矢能は、美咲がホステスとして働いていたクラブを突き止める。支配人によると、佐村の女は美咲ではなく雪乃というホステスだという。雪乃も3日前から連絡がつかなくなっていた。

 元ヤクザの危険な探偵・矢能が活躍する人気シリーズ第3弾。(講談社 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  5. 5

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る