• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「バードドッグ」木内一裕著

 探偵の矢能は、暴力団燦宮会の組長・二木に2日前から連絡がつかない幹部の佐村を捜して欲しいと頼まれる。組内で後継者を巡る駆け引きが行われていることを察した矢能は、佐村が内部の人間に始末されたと確信し、依頼を断る。

 そんな中、未華子と名乗る女から佐村の愛人だった妹を捜して欲しいとの依頼が舞い込む。未華子の妹の美咲が消えたのは佐村が失踪した翌日だった。

 依頼を受けた矢能は、美咲がホステスとして働いていたクラブを突き止める。支配人によると、佐村の女は美咲ではなく雪乃というホステスだという。雪乃も3日前から連絡がつかなくなっていた。

 元ヤクザの危険な探偵・矢能が活躍する人気シリーズ第3弾。(講談社 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る