• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「犯罪小説集」吉田修一著

 元テキ屋で今は神社の境内で骨董市を運営する五郎の孫で7歳の愛華が行方不明に。仲良しの紡によると、学校から伸びる一本道の先のY字路で愛華と別れたという。村人が集まり、捜索するが、ついに愛華は見つからなかった。骨董市に出店する外国人女性の息子・豪士が容疑者として浮上するが、彼にはアリバイもあり、証拠も何も見つからない。

 10年後、同じY字路で再び少女が消えた。捜索に加わった五郎は、殺気立つ住人たちを見て、この10年、愛華の失踪が皆の心にも暗い影を落とし続けてきたことを知る。そんな中、紡の父親が犯人に心当たりがあると言い出し、皆を誘導して豪士の住む団地に向かう。(「青田Y字路」)

 罪を犯してしまった人々を描く作品集。(KADOKAWA 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る