「閻魔裁き〈二〉雨乞いの美女が消えた」風野真知雄著

公開日:

 寺社方の亀山と鶴田は、寺社奉行の脇坂淡路守に命じられ、本所の榎稲荷神社に足を運ぶ。境内で行われる雨乞いの儀式を検分するためだ。雨美人と呼ばれる巫女が祈ると必ず雨が降ると評判で、礼金は10両と高額だが、周辺の村では引っ張りだこだという。雨乞いの最中、雨美人がこつぜんと姿を消す。亀山らは、雨美人が井戸に落ちたと装ってその場から逃げ出したことに気づく。調べると、周辺の百姓も神社の神主も雨美人に雨乞いを頼んでいなかった。亀山らは、雨美人が雨乞いではなく日照りを祈願する儀式を行っていたのではないかと疑う。(「雨乞いの美女が消えた」)

 容赦なく悪を裁き「脇坂閻魔」と恐れられる寺社奉行とその手下が活躍する人気シリーズ第2弾。(角川春樹事務所 540円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る