「東京ダンジョン」福田和代著

公開日:

 地下鉄の保線作業員の的場は、仕事中、線路に立ち入った男を見かける。すぐに全線を点検するが、男は見つからない。後輩の永瀬によると、地下鉄の利用客による地底人の目撃情報がネット上に飛び交っているという。そんな中、的場の弟・洋次が、路上で意識不明の状態で見つかる。なぜ洋次が襲われたのか、的場は弟が私淑する経済学者の鬼童に会いに行くが、手がかりはつかめない。意識を取り戻した洋次は、当日の記憶を失っていた。

 数日後、病室で的場が職場の愚痴を漏らすと、突然、洋次が開通間近の地下鉄の新線が危ないと言い出す。洋次は新線を狙う一味の話を耳にして、命を狙われたことを思い出したという。

 予想外の展開で読者を意外な結末に導く長編ノンストップサスペンス。(PHP研究所 840円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

もっと見る