「珍樹図鑑」小山直彦著

公開日:  更新日:

 樹木の幹や枝に動物や有名人にそっくりな模様や形を見いだす「珍樹ハンター」の、とっておきのコレクションを集めた面白ビジュアル本。

 樹皮がはがれてできる網目のような模様と配色がキリンそのもののシマサルスベリ(東京・小石川植物園)をはじめ、まるで通行人の足を捕まえようとしているかのように手首が地面からにょっきりと突き出して見えるラクウショウの気根(東京・新宿御苑)、エゴノキ特有のコブと穴が集まってつくり出す俳優・田中邦衛氏の横顔(東京・小宮公園)、思わず腰掛けたくなるケヤキの洋式トイレ(東京・多摩動物公園)など。身近な場所で人知れず会いに来る人たちを待っているそっくりさんたちに思わずニヤリ。(文藝春秋 720円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る