「花のこみち」岡本さとる著

公開日: 更新日:

 武士になりたいと考えた藤吉郎は蜂須賀小六のもとに身を寄せていたが、そこに幼馴染みの与四郎が訪ねてきた。与四郎は藤吉郎の母に頼まれて連れ戻しに来たのだが、逆に藤吉郎の信長への直訴に付き合わされることに。帰城途中の信長に「猿でござりまする!」と名乗りを上げると、小六から話を聞いていた信長は2人を小者として召し抱える。花の好きな与四郎は、信長の通る道を花で美しく飾った。驚く信長に、藤吉郎は、これは天下人が通る「花のこみち」だと言って信長を喜ばせる。だが、ある日、与四郎は突然姿を消す。

 若き日の秀吉を支えた友情を描く表題作ほか3編の時代小説。(光文社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  4. 4

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  5. 5

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    「ササニシキ」が消え「つや姫」がブランド米になった理由

もっと見る

人気キーワード