「御社営業部の『病気』治します」藤本篤志著

公開日: 更新日:

 営業部が健康診断を怠り「病気」になると、会社全体に影響が出る。しかし、営業コンサルティング事業を営む著者によると、残念なことに軽重の違いはあるが大半の営業部は病気にかかっているという。そんな営業部が抱える病とその処方箋を説いたビジネステキスト。

 病気の中で最も多く、深刻なのが「虚弱体質」という病。営業部の虚弱体質とは、「営業量が少ないので足腰が弱っている」症状だという。健全な状態を保つには1人1日平均240分以上の営業量が必要だが、大半の営業部はその半分以下しかないと指摘。まずは営業量240分を目指せという。その他、「風評妄信」という病など、実例を紹介しながら、会社の売り上げを向上させる「病気」の治し方を説く。(日本経済新聞出版社 850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る