「紀元2600年のテレビドラマ」森田創著

公開日: 更新日:

 日本で初めてテレビドラマが放映されたのは、昭和15年4月20日のことだ。この年は神武天皇が即位して2600年に当たる〈紀元2600年〉で、東京五輪などの祝賀行事が予定されていた。国威発揚のため、東京五輪をテレビで中継することになったのだ。

 テレビの開発に当たっていた旧制浜松高工助教授・高柳健次郎が抜擢されて研究を進め、実用化のめどがついたが、戦局の悪化により五輪開催を返上することに。昭和15年には左翼劇団によるテレビドラマ「夕餉前」が放映されたが、戦争が激化すると、出演者に特高の手が伸びるようになった。

 国家プロジェクトだったテレビ実用化のドキュメント。(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  4. 4

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  5. 5

    小池知事が急に元気に…「五輪からコロナに移る希望の党」

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    急ピッチで進む検察捜査 ターゲットは河井克行前法務大臣

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

もっと見る