• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「腸医が教えるこうすりゃ健康コンビニ飯」 松生恒夫著

 おにぎり、弁当、総菜、ホットスナック……。手軽に安く食べられるコンビニ飯は、「何となく体に悪そう」というイメージを抱いている人がほとんどだろう。しかし、中にはちょっとした一手間を加えるだけで、健康食に生まれ変わるものがあるという。便秘外来の専門医でもある腸の第一人者が、コンビニ飯で手軽に健康を手に入れられる技を伝授する。

 たとえば、いまの日本人に最も不足している食物繊維と植物性乳酸菌は、揚げ物や肉類には少ないので、魚介類がメーンの弁当と、植物性乳酸菌が含まれているインスタント味噌汁を選ぶ。さらに、サラダやきんぴらごぼうを加えれば、健康食になるという。

 また、油の酸化した揚げ物、マーガリンやマヨネーズを多く使ったサンドイッチ、高カロリー弁当(カツ丼やトンカツ弁当)、トランス脂肪酸やリノール酸過多の菓子パンやスイーツなどは避け、精製していないデュラムセモリナ粉で作ったパスタ、玄米、大麦、そば、おでん、サラダ、発酵食を選ぶように意識すれば、コンビニ飯を健康の味方にすることができる。(中央公論新社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

もっと見る