• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「メビウス1974」堂場瞬一著

 42年ぶりにかかってきた吉塚佐知子からの電話で、下山英二は上京して旧友の村木と再会した。3人は学生運動の活動家だったが、彼らの属するセクトが企業爆破事件を起こしたとき、その被害に怯えた下山は誰にも告げずに失踪した。そのため彼らの活動は崩壊したのだった。

 村木に指定されたバーに向かう途中、立ち寄った書店で、下山は当時の恋人だった伊崎久美子の名が文芸誌の表紙に載っているのを見る。さらに彼を追っていた元公安の刑事、安永に声をかけられる。何かが自分を過去に引き戻そうとしている。これらは偶然の出来事なのか? 

 過去の決算を迫られる男を描くエンターテインメント。(河出書房新社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る