「新装版 カルナヴァル戦記」船戸与一著

公開日: 更新日:

 リオデジャネイロ、「9月7日通り」沿いのホテルの7階の部屋で、アンヘラを抱き終えた「おれ」は、ライフルの準備を始める。標的は、やがて眼下を通るカルナヴァル(謝肉祭)のパレードの山車に乗っているはずだ。9カ月前、同じ組織で共に暗殺を請け負っていた男が幹部を殺し逃亡。始末を命じられたおれは2カ月前ようやく、男が逃げ込んだファベーラ(スラム)を突き止め、彼の元恋人のアンヘラに接近したのだ。金と引き換えに男の命を売ったアンヘラは、自分を裏切った男の顔が吹き飛ばされるのを見たいと部屋にとどまる。やがて男を乗せた山車がホテルに近づいてきた。(表題作)

 ブラジルで生きる日本人根なし草を主人公にしたハードボイルド短編集。(講談社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る