「新装版 カルナヴァル戦記」船戸与一著

公開日: 更新日:

 リオデジャネイロ、「9月7日通り」沿いのホテルの7階の部屋で、アンヘラを抱き終えた「おれ」は、ライフルの準備を始める。標的は、やがて眼下を通るカルナヴァル(謝肉祭)のパレードの山車に乗っているはずだ。9カ月前、同じ組織で共に暗殺を請け負っていた男が幹部を殺し逃亡。始末を命じられたおれは2カ月前ようやく、男が逃げ込んだファベーラ(スラム)を突き止め、彼の元恋人のアンヘラに接近したのだ。金と引き換えに男の命を売ったアンヘラは、自分を裏切った男の顔が吹き飛ばされるのを見たいと部屋にとどまる。やがて男を乗せた山車がホテルに近づいてきた。(表題作)

 ブラジルで生きる日本人根なし草を主人公にしたハードボイルド短編集。(講談社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る