「新装版 カルナヴァル戦記」船戸与一著

公開日: 更新日:

 リオデジャネイロ、「9月7日通り」沿いのホテルの7階の部屋で、アンヘラを抱き終えた「おれ」は、ライフルの準備を始める。標的は、やがて眼下を通るカルナヴァル(謝肉祭)のパレードの山車に乗っているはずだ。9カ月前、同じ組織で共に暗殺を請け負っていた男が幹部を殺し逃亡。始末を命じられたおれは2カ月前ようやく、男が逃げ込んだファベーラ(スラム)を突き止め、彼の元恋人のアンヘラに接近したのだ。金と引き換えに男の命を売ったアンヘラは、自分を裏切った男の顔が吹き飛ばされるのを見たいと部屋にとどまる。やがて男を乗せた山車がホテルに近づいてきた。(表題作)

 ブラジルで生きる日本人根なし草を主人公にしたハードボイルド短編集。(講談社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る

人気キーワード