「まいない節 献残屋佐吉御用帖」山本一力著

公開日: 更新日:

 嘉永6(1853)年4月、公儀幕臣屋敷や大名諸家を回り、余った進物を安値で買い取る献残屋の手代・佐吉は、取引先のうどん屋の主人・政三郎に呼び出され、ある噂を教えられる。政三郎によると、佐吉の大事な得意先で代々、浦賀奉行庶務頭を務める宅間が模様替えになるとのことだった。そんな矢先、佐吉は寺田屋を逐電した与助と再会する。与助は知らずに抜け荷(密貿易)の元締の太田屋に売り込みに飛び込み、弱みを握られ、命まで狙われているという。調べると、太田屋が宅間とつながっていることが分かってくる。

 肝の据わった佐吉が、知恵を絞って不逞のやからに立ち向かう姿を描いた痛快人情時代小説。(PHP研究所 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る