「まいない節 献残屋佐吉御用帖」山本一力著

公開日: 更新日:

 嘉永6(1853)年4月、公儀幕臣屋敷や大名諸家を回り、余った進物を安値で買い取る献残屋の手代・佐吉は、取引先のうどん屋の主人・政三郎に呼び出され、ある噂を教えられる。政三郎によると、佐吉の大事な得意先で代々、浦賀奉行庶務頭を務める宅間が模様替えになるとのことだった。そんな矢先、佐吉は寺田屋を逐電した与助と再会する。与助は知らずに抜け荷(密貿易)の元締の太田屋に売り込みに飛び込み、弱みを握られ、命まで狙われているという。調べると、太田屋が宅間とつながっていることが分かってくる。

 肝の据わった佐吉が、知恵を絞って不逞のやからに立ち向かう姿を描いた痛快人情時代小説。(PHP研究所 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る

人気キーワード