「ヴェネツィアの仮面カーニヴァル」勝又洋子著

公開日: 更新日:

 ベネチアの仮面カーニバルはサン・マルコ広場を中心に繰り広げられるが、ピアッツァの古代ギリシャ・ローマ風の柱が立つ回廊に囲まれた、祝祭空間となっている。

 この空間からは庶民の住居を締め出して世俗的な生活感を遮断し、海上には飾り立てた船が並んで劇的な風景をつくりだす。

 カーニバルの期間だけでなく、人々は一年中、仮面を着用することができたのだが、13世紀に悪魔の仮装をして恋人の家に卵を投げつける遊びがはやったため、夜、仮面をかぶって歩くことが禁止された時代もあった。

 その起源から歴史、意外なエピソードなども紹介した、べネチアの仮面カーニバルに詳しくなれる一冊。(社会評論社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  4. 4

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  5. 5

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  6. 6

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  7. 7

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  8. 8

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

  9. 9

    NHK「まんぷく」でまた脚光 東風万智子に“再改名”のススメ

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る