「ヴェネツィアの仮面カーニヴァル」勝又洋子著

公開日: 更新日:

 ベネチアの仮面カーニバルはサン・マルコ広場を中心に繰り広げられるが、ピアッツァの古代ギリシャ・ローマ風の柱が立つ回廊に囲まれた、祝祭空間となっている。

 この空間からは庶民の住居を締め出して世俗的な生活感を遮断し、海上には飾り立てた船が並んで劇的な風景をつくりだす。

 カーニバルの期間だけでなく、人々は一年中、仮面を着用することができたのだが、13世紀に悪魔の仮装をして恋人の家に卵を投げつける遊びがはやったため、夜、仮面をかぶって歩くことが禁止された時代もあった。

 その起源から歴史、意外なエピソードなども紹介した、べネチアの仮面カーニバルに詳しくなれる一冊。(社会評論社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る