「溝猫長屋 祠之怪」輪渡颯介著

公開日: 更新日:

 忠次たちが住む溝猫長屋には妙な決まりがある。3月10日の時点で、一番年上の男の子が大家と一緒に長屋の奥にある祠に毎朝お参りしなくてはならない。その祠は、昔、ここで亡くなったお多恵ちゃんという女の子の慰霊のために造られたのだが、お参りしなければならない理由はなぜか教えてもらえない。

 あるとき、新七と留吉が空き家で変な臭いがして、子どもの声が聞こえると言う。忠次は銀太と一緒に、かつて人が殺されたというその空き家に忍び込み、床板を踏み抜いてしまう。足を上げようとするが、何者かに足首をつかまれているような感じがする……。

 長屋をめぐる幽霊話を描く時代小説。(講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る