「溝猫長屋 祠之怪」輪渡颯介著

公開日: 更新日:

 忠次たちが住む溝猫長屋には妙な決まりがある。3月10日の時点で、一番年上の男の子が大家と一緒に長屋の奥にある祠に毎朝お参りしなくてはならない。その祠は、昔、ここで亡くなったお多恵ちゃんという女の子の慰霊のために造られたのだが、お参りしなければならない理由はなぜか教えてもらえない。

 あるとき、新七と留吉が空き家で変な臭いがして、子どもの声が聞こえると言う。忠次は銀太と一緒に、かつて人が殺されたというその空き家に忍び込み、床板を踏み抜いてしまう。足を上げようとするが、何者かに足首をつかまれているような感じがする……。

 長屋をめぐる幽霊話を描く時代小説。(講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  5. 5

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  6. 6

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る