「新宿ゴールデン街物語」渡辺英綱著

公開日:

 新宿ゴールデン街で酒場を営んできた著者が、街の変遷を内側から描いたルポルタージュ。

「お上に逆らわず、従わず」という精神を貫いてきた新宿の歓楽街としての歴史は江戸時代にまでさかのぼれるという。戦前、遊郭を中心に発展してきた新宿は戦争で一変。終戦の日の5日後には闇市が始まり、区画整理で移転を余儀なくされた露天商たちによってゴールデン街が形成された。しかし、当初、町には閑古鳥が鳴いていたため、組合の理事たちの話し合いで非合法売春に手を出し、「青線」と呼ばれる地帯へと発展していった。

 かつて売春に携わった女性たちや、街に出入りする文化人たちのエピソードなどを紹介しながら、磁場のように人々を引き寄せてきたゴールデン街の今昔を語る。(講談社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る