「新宿ゴールデン街物語」渡辺英綱著

公開日:

 新宿ゴールデン街で酒場を営んできた著者が、街の変遷を内側から描いたルポルタージュ。

「お上に逆らわず、従わず」という精神を貫いてきた新宿の歓楽街としての歴史は江戸時代にまでさかのぼれるという。戦前、遊郭を中心に発展してきた新宿は戦争で一変。終戦の日の5日後には闇市が始まり、区画整理で移転を余儀なくされた露天商たちによってゴールデン街が形成された。しかし、当初、町には閑古鳥が鳴いていたため、組合の理事たちの話し合いで非合法売春に手を出し、「青線」と呼ばれる地帯へと発展していった。

 かつて売春に携わった女性たちや、街に出入りする文化人たちのエピソードなどを紹介しながら、磁場のように人々を引き寄せてきたゴールデン街の今昔を語る。(講談社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る