「死刑の基準『永山裁判』が遺したもの」 堀川惠子著

公開日:

 長年、死刑判決のたびに「死刑の基準」として引用されてきた「永山基準」が生まれた背景を追ったルポルタージュ。

 永山基準は、1997年に処刑された死刑囚・永山則夫の裁判から生まれた。永山は1968年、盗んだ拳銃で4人を射殺。半年後に逮捕され、1審は死刑、2審は無期懲役の判決が下されるが、最高裁が控訴審判決を差し戻し、死刑が確定する。逮捕から処刑までの29年間、永山は700人以上の相手と1万5000通もの手紙を交わしている。その書簡をはじめ、残された膨大な資料をひもとき、獄中結婚した妻や元裁判官、同級生、親戚などにも綿密な取材を重ねながら、「永山基準」の虚構を暴いていく。

 講談社ノンフィクション賞を受賞した力作。(講談社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る