「死刑の基準『永山裁判』が遺したもの」 堀川惠子著

公開日:

 長年、死刑判決のたびに「死刑の基準」として引用されてきた「永山基準」が生まれた背景を追ったルポルタージュ。

 永山基準は、1997年に処刑された死刑囚・永山則夫の裁判から生まれた。永山は1968年、盗んだ拳銃で4人を射殺。半年後に逮捕され、1審は死刑、2審は無期懲役の判決が下されるが、最高裁が控訴審判決を差し戻し、死刑が確定する。逮捕から処刑までの29年間、永山は700人以上の相手と1万5000通もの手紙を交わしている。その書簡をはじめ、残された膨大な資料をひもとき、獄中結婚した妻や元裁判官、同級生、親戚などにも綿密な取材を重ねながら、「永山基準」の虚構を暴いていく。

 講談社ノンフィクション賞を受賞した力作。(講談社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る